予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

救命救急・循環器病・脳卒中センター

行動目標
  • 重症救急患者の救命と社会復帰のための医療をめざします
  • 24時間の応需体制の充実をめざします
  • 地域の災害時には、多数の市民の救命のために力を尽くします
  • 職種間のコミュニケーションによるチーム医療を推進します
  • 地域医療支援病院として地域医療機関と連携し、相互の救急患者にスムーズに対応します
  • 医療の安全管理に努め、安全な医療環境を提供します
  • 救急医療の知識と技術の習得に努め、その進歩・発展に尽くします
  • 診療録の適正な記録と集積による救急医療の発展に尽くします
  • 救急に携わる人間性豊かな医療職の育成をめざします

概要

 救命救急センターは、心臓病、脳卒中、多発外傷など、生命の危機に瀕した重症患者さんの急性期治療を行うための施設です。当施設は「初期救急医療施設及び2次救急医療施設の後方病院」として位置づけられ、いわば新潟市とその周辺地域の「救急医療の最後の砦」です。救命救急センターは第3次救急医療機関として位置づけられ、新潟県では当院の他に長岡赤十字病院、県立中央病院、県立新発田病院、魚沼基幹病院、新潟大学医歯学総合病院(高度)の計6病院に併設されています。  
 新潟市民病院救命救急センターは、新潟県下越地区を対象医療圏として昭和62年に開設され、新潟市と周辺地域の救急医療の砦としての役割を果たして来ました。患者数の増加に伴いベッド管理に苦慮することが多くなりました。2007年11月の新病院移転に際して、循環器疾患、脳血管疾患の対応を一層強化することを目指し、32床から50床に増床、循環器・脳神経系専用の集中治療室を強化して「救命救急・循環器病・脳卒中センター」として再スタートしました。 当センターは救急専従医を核として、市民病院の全診療科の協力により、良質で総合的な救急医療を提供することをモットーとしております。
 入院患者さんの治療は、患者さんの病状に応じて、救急専従医と各診療科の専門医が共同して担当します。特に心臓病や大動脈疾患などの循環器疾患、脳血管疾患に関しては内科系外科系医師が緊密に連携しながら、迅速かつ高レベルの医療を提供しています。  
 平成27年度の当センターの受診者数は、救急外来受診者13,757名、うち入院患者6,093名、救急車搬入6,475件、来院時心肺停止患者286名にのぼっています。また新病院移転に際して新潟市消防局と共同して救急ステーションを併設しドクターカーを運用して成果を上げています。また、薬毒物中毒、特に治療や診断が困難な症例に対応するため、薬剤師と連携して中毒分析室を整備し、積極的に活用しています。また、医学生や救急救命士の教育研修にも力を注いでいます。  
当センターの最大の悩みは、何といってもベッドがすぐ足りなくなってしまうことです。救命救急センターでなければ救命出来ない重症患者さんに確実に当センターを利用していただくためには、初期救急医療施設、2次救急医療施設との役割分担が必要です。
 市民の皆様には、当センターの3次医療機関としての役割にご理解をいただき、適切な受診をお願いいたします。 救命救急・循環器病・脳卒中センター長 廣瀬保夫

診療スタッフ

医師 役職 卒業年 認定資格
廣瀬 保夫 センター長 平成元年 救急科専門医
日本救急医学会指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト
熊谷 謙 副センター長 平成6年 救急科専門医
日本集中治療医学会専門医
田中 敏春 副センター長 平成7年 救急科専門医
日本救急医学会指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
保坂 幸男 副センタ―長
循環器内科副部長
平成8年 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医
日本医師会認定産業医
新保 淳輔 副センター長
脳神経内科副部長
平成11年 日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
日本脳神経血管内治療学会専門医
日本脳卒中学会専門医
井ノ上 幸典 医長 平成15年 救急科専門医
麻酔科専門医
日本集中治療医学会専門医
小林 かおり 医長 平成16年 救急科専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本集中治療医学会専門医
佐藤 信宏 医長 平成17年 救急科専門医
日本内科学会認定総合内科専門医
吉田 暁 医長 平成17年 救急科専門医
日本内科学会認定内科医
溝内 直子 医師 平成17年
窪田 健児 医師 平成21年 救急科専門医
日本内科学会認定内科医
鈴木 邦恵 医師 平成24年
遠藤 真佑 医師 平成25年
三宅 望 医師 平成25年
福與 裕子 医師 平成26年
曺 聖鉉 医師 平成27年
石亀 那歩 医師 平成27年

レジデント希望の方へ