予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

臨床検査科

当科の目標

患者のベネフィットを一番に考え、臨床現場と密着した検査、医師から信頼される検査技師を目指します。

  • 20年以上前から24時間体制で3次救急に対応し、正確で迅速な検査の提供をモットーに、安全・安心で効果のある医療への貢献に努めています。
  • 外来での採血待ち時間の短縮や、診察前検査・回診前検査の報告時間の短縮を心掛け、患者さんの時間を大切に考えた迅速な検査の提供、緊急に報告すべき異常値(パニック値)の迅速な報告に努めます。

検体検査

自動分析室では、血液検査、生化学検査、一般検査を行っています。
他に、輸血室、細菌検査室があります。
  1. 自動分析室
    採血された検体は自動分析室に集められ、検血、凝固、生化学、血糖、尿検体と種別ごとに分けられます。 生化学検体は遠心分離後に、感染症検査、腫瘍マーカー検査、ホルモン検査、薬物血中濃度、各種酵素検査と数種類の自動分析装置で測定します。診察前検査や外来検査で至急の報告が必要な検体は優先的に報告し、パニック値は直ちに報告しています
  2. 輸血室
     輸血業務は血液製剤管理と輸血関連検査の一元管理を行い、緊急時の輸血にも迅速に対応しています。
  3. 細菌検査室
     24時間体制で血液培養、グラム染色や抗酸菌染色は休日も対応しています。またICT等チーム医療に参加し積極的に取り組んでいます。
  4. 研修医、臨床検査技師の教育実習を行っています。その他、採血や糖尿病入院指導も入っています。

生理検査

  1. 心電図、トレッドミル負荷心電図、脳波、ABR(聴性脳幹反応)筋電図,呼吸機能,平衡機能,聴力検査,ピロリ菌検査,心エコー,腹部エコー,血管エコーを行っています。
  2. 患者さんに安心して検査を受けてもらえるように安全性に配慮し,プライバシーを尊重し、より良い接遇と検査を目指しています。

認定検査技師

  1. 認定輸血検査技師:4名
  2. 認定血液検査技師:1名
  3. 認定臨床微生物検査技師:1名
  4. 感染制御認定臨床微生物検査技師:1名
  5. 超音波検査士
    • 循環器領域:10名
    • 消化器領域:7名
    • 血管領域:3名
    • 体表臓器領域:5名
    • 健診領域:1名
  6. 医用質量分析認定士:1名
  7. 日本糖尿病療養指導士:2名
  8. 骨髄検査技師:1名
  9. 医療情報技師:1名

検体検査とは

血液検査

赤血球、白血球、血小板などの細胞成分の数とヘモグロビン値の測定、白血球の細胞分類を行っています。 貧血や炎症、白血病の有無を調べます。細胞成分の異常やその原因を調べるために、骨髄穿刺検査やフローサイトメトリー検査を行います。 血液の固まり具合などを調べる凝固検査では、出血性素因の有無を検査しています。
血液検査
血液検査                           骨髄穿刺検査

生化学検査

肝機能、腎機能、膵機能を検査しています。肝炎ウイルス、エイズウイルス等の感染症、腫瘍マーカー、甲状腺、 性腺等のホルモンを検査しています。治験の検査もしています。
臨床化学自動分析室
臨床化学自動分析室

尿検査

尿の性状(糖・蛋白・赤血球・白血球など)検査や尿中の細胞、円柱、細菌の有無を調べる尿沈渣を検査しています。

便検査

大腸癌のスクリーニング検査として便の潜血(ヘモグロビン)を検査しています。

輸血検査

安全な血液を供給するための輸血関連検査、血液型・不規則抗体・交差適合試験を検査しています。
新生児溶血性疾患の検査や抗体保有者の抗体同定も検査しています。血液センターへ血液製剤を発注し、院内の在庫血の管理、 輸血関連の感染症検査の管理、自己血の保存管理を行っています。
日本輸血細胞治療学会のI&A(査察と認証)を取得しています。
輸血室
輸血室

細菌検査

感染症を起こす病原微生物(病原性大腸菌、サルモネラ、結核菌)や真菌(カビ)の培養検査をします。
検出した病原微生物に薬が効くか薬剤感受性検査をし、適切な抗生物質についての情報を提供します。院内感染症対策にも重要な役割を担い、 MRSAや多剤耐性菌に注意をはらい、必要な情報を院内に発信しています。
バイテック2

生理検査とは

生体検査・生理検査 どんなことするのと思われる方がいらっしゃると思います。

  • 心臓機能検査(心電図・ホルター24時間心電図・トレッドミル負荷心電図
  • 超音波検査 (心エコー・経食道心エコー・腹部エコー・頚動脈エコー等)
  • 呼吸機能検査
  • 脳波検査
  • 筋電図検査
  • 平衡機能検査
  • ピロリ検査
これらが主な検査で、私たち臨床検査技師が、患者さんに接して行う検査です。
検査によっては、医師と一緒に行います。
健診などでおなじみの心電図を代表として、一部の検査を除けば、痛みをともなうことはありません。
不安なことがありましたら、どうぞお気軽に声をかけて下さい。
心電図検査の他は、基本的に予約検査となります。できるだけご都合に合わせたいと思っております。

心臓機能検査

心電図検査

心臓の電気活動を記録して、脈の状態や心臓の筋肉の状態を調べます。
心臓の病気が疑われる時に検査をしますが、手術や入院が予定された時にも検査をします。
上半身は裸になっていただきますが、 必要な方にはケープを用意してあります。
女性技師希望の方はお申し出ください。

ホルター24時間心電図検査

約24時間の心電図を連続的に記録して、動悸・胸痛などの自覚症状の変化や、不整脈・虚血性心疾患などの心電図異常を検出・記録する検査です。 胸に5枚のテープの様な電極をつけ7cm四方の大きさの記録器をつけて過ごしていただきます。入浴シャワーはできませんが、仕事・学校・家事など普通に過ごしていただけます。

トレッドミル負荷心電図検査

トレッドミル負荷心電図検査 循環器科医師の立会いのもと、電動ベルトの上を歩行し、 運動により心臓に負荷をかけながら、安静時には得られない心電図変化をとらえます。心疾患の有無、重症度・予後の評価、不整脈の診断などに役立ちます。


超音波(エコー)検査

 人には聞こえない高い音(超音波)を体に当て、その反射波で画像を作り種々の臓器を検索する検査です。 痛みを感じることはほとんどありませんし、身体に対する副作用も全くありません。
 探触子と皮膚が密着しないときれいな画像を作ることができないので、 皮膚にエコーゼリーをつけて検査します。調べる臓器により仰向けや、横向きなど体の向きをかえていただくこともあります。
 当院では、主に下記の部位の検査を行っております。
心エコー検査 心エコー検査左前胸部に探触子をあて、心臓の形態、
動き、血流動態を調べる検査です。
心筋梗塞などの虚血性心疾患、心奇形、
弁膜症などの経過を体への影響もなく追っていくことができます。
経食道心エコー内視鏡検査と同様に、探触子を口から飲んで心臓をみる検査です。
胸壁では見難い方や、胸壁から離れているためみえにくい心房や血管系が、骨や肺などに邪魔されず、よくみえるためたくさんの情報が得られます。
空腹時の検査で、探触子を口から入れるため多少の苦痛を感じる場合があります。
腹部エコー肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓など臓器や、それに付随する器官の検査をします。原則として朝食を食べないで検査を受けていただきます。
頚部エコー甲状腺・耳下腺・顎下腺などがあります。食事の制限はありません。
骨盤部エコー膀胱・子宮・卵巣など下腹部の臓器を検査します。膀胱に尿を貯めて検査しますので、排尿を控えていただきます。
乳房エコー食事等の制限はありませんが、上半身は裸になっていただきます。
頸動脈エコー心臓から脳に血液を送る血管の太さや壁の状態などをみます。動脈硬化の程度を調べる検査のひとつです。また頭の血管を詰まらせる原因が分かる場合もあります。服は着たままですが、枕をせずに仰向けに休んでいただきます。検査時間は40~60分程度です。

呼吸機能検査

 肺の機能をみる検査です。マウスピースを口にくわえ、ノーズクリップで鼻をふさいでから大きく息を吸ったり吐いたりします。痛みを感じたりすることはありません。所要時間は検査項目によりますが、15~45分程度です。

脳波検査

 脳神経から発生する電気の波を、頭皮上に装着した電極から記録します。光刺激、過呼吸、睡眠など負荷をかけて検査する事もあります。検査中、痛みなどを感じることはありません。所要時間は30~40分程度です。

筋電図検査

 色々な刺激に対する筋肉・神経・脳の反応を波形にして、異常がないか調べる検査です。神経を皮膚の上から電気で刺激をして伝わり方をみたり、音を聞いてもらったり、白黒の格子模様をみてもらったりします。若干、痛みを感じる場合もありますが、体に害はありません。

平衡機能検査

 めまいやふらつきの原因がどこの部位(内耳・脳・視覚器その他)にあるのかを調べる検査です。いろいろな条件下での眼球の動き(眼振)を記録します。検査中に一過性にめまい感や吐き気がおこることがありますがそれは検査によっておこるものなので心配いりません。所要時間は、1時間半程度です。

ピロリ検査

 胃の中に生息している細菌で、感染経路ははっきり解明されていませんが、胃の粘膜や粘膜層内に生息し、胃の壁を傷つけ、消化管潰瘍などの原因といわれているピロリ菌の有無を「尿素呼気試験法」を用いて調べます。空腹時の検査で、検査は30~40分くらいで終了します。必ず朝食は食べずにおいでください。

聴力検査

 聴力検査は耳の病気を持つ患者さんの検査として、もっとも基本的手段でかつ重要な検査です。
 また検診における聴力スクリーニングとしても広く行われています。これにより難聴の有無やその程度、さらには障害の部位を知ることも可能です。当院では年間約5,500件の検査を行っています。
 この聴力検査にもいろいろあり、音の聞き取り検査である純音聴力検査、言葉の聞き取りを調べる語音聴力検査が代表的なものですが、中耳や内耳の機能をみる検査もあります。
 幼少児に関しては音に対する反応を見たり、おもちゃを用いたりし、年齢や発達に応じた検査を行っています。さらには脳波を用いた客観的な聴力検査もあり、これは語音聴力検査とともに予約制となっています。
 当科では聴力検査に加え、鼻の通り具合をみる鼻腔通気度検査も行い、鼻の手術前の機能評価に役立っております。
 以上に述べた検査に際しては苦痛を伴うこともなく、安心して検査を受けることができます。

 なお、これらの検査は主に耳鼻咽喉科医師からの指示で行っており、疑問やさらに詳しいことを知りたい方は、診察の際に医師にお尋ねください。

鼻腔通気度検査、インピーダンス検査、耳管機能検査、気導・骨導聴力検査

(左)鼻腔通気度検査、インピーダンス検査、耳管機能検査  (右)気導・骨導聴力検査