予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

循環器内科

概要

診療内容は心疾患・高血圧症・動脈疾患(大動脈および末梢動脈)・静脈疾患です。心疾患は心筋梗塞・狭心症・無症候性虚血などの虚血性心疾患、不整脈、心筋炎、心筋症、心臓弁膜症、先天性心疾患、心不全などの心臓に関係する全疾病です。これらの疾患を正しく診断・評価するために種々の検査を行います。
外来でできる検査として、ホルター心電図、心エコー、血管エコー、トレッドミル運動負荷心電図、負荷心筋シンチグラムをはじめとする各種核医学検査、心臓・大血管のMRIおよびCTなどがあります。さらに診断の精度を高めるために入院して行う検査には、心臓カテーテル検査、冠動脈造影、電気生理学的検査、心筋生検などがあります。これらの検査結果を踏まえて診断し、その病態・重症度などを正確に評価します。最も適した治療方針を患者さんと相談して決定していきます。
循環器内科は内科系であり治療としては内服薬の適確な選択は勿論ですが、細い管を用いて治療するカテーテル治療や植え込み型医療機器の植え込み術も行っています。以下が当科で行う治療手技名です。経皮的冠動脈形成術(ステント植え込み、ロータブレーター)、経皮的僧帽弁交連部裂開術、経皮的大動脈弁拡張術、心室中隔心筋焼灼術、上室性頻脈・心房粗細動・心室性頻拍に対する高周波焼灼術、閉塞性動脈硬化症に対する経皮的血管形成術、腎動脈ステント植え込み術、徐脈性不整脈に対する人工ペースメーカー植え込み術、心室粗細動に対する植え込み型除細動器植え込み術、心不全に対する心臓再同期療法。
当科では他の医療機関(病院/診療所/開業医)と協力連携のもと、予後の改善(長生きできること)とQOLの向上(生活において活動制限がなく、快適な生活が送れる)に努めております。 科部長 高橋和義

診察日

午前 小田弘隆
(新患・再来)
小田弘隆
(再来)
土田圭一
(新患・再来)
保坂幸男
(新患・再来)
田中孔明
(新患・再来)
高橋和義
(新患・再来)
土田圭一
(再来)
午後 小田弘隆
(再来)
小田弘隆
(再来)
土田圭一
(再来)
保坂幸男
(再来)
田中孔明
(再来)
高橋和義
(再来)
高橋和義
(再来)
土田圭一
(再来)

ペースメーカーとICD外来

診察室
ICD外来
午後
保坂幸男
ペースメーカー外来
第1、2、3、4週午後
袴田崇裕

診療スタッフ

医師 役職 卒業年 認定資格
小田 弘隆 副院長 昭和55年 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医・
指導医
高橋 和義 科部長
副センター長
昭和63年 日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
土田 圭一 科副部長
リハビリテーション科
副部長
平成6年 日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本心臓リハビリテーション学会認定指導士
保坂 幸男 科副部長
副センタ―長
平成8年 日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医・評議員
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本医師会認定産業医
田中 孔明 科副部長
副センタ―長
平成14年 日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
坂口 裕太 医師 平成26年 日本内科学会認定内科医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

平成29年度 手術・検査件数

1.治療総数    645件
2.主な疾患の症例数
冠動脈カテーテル治療(虚血性心疾患)     339件
末梢血管カテーテル治療            48件
(末梢動脈疾患、慢性血栓塞栓性高血圧症、肺動脈塞栓症、静脈血栓症)
徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術  69件
頻脈性不整脈に対する高周波焼灼術       111件
(発作性上室性頻拍、心房細動、心房粗動、心房頻拍、心室頻拍)
植え込み型除細動器植え込み術          64件
心不全に対する心室再同期療法          3件
経皮的僧帽弁交連裂開術             2件
経皮的バルーン大動脈弁形成術          5件
3.当科の手術の特徴 急性心筋梗塞に対する冠動脈カテーテル治療は24時間応需可能な体制で行っています。