予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

乳腺外科

乳腺疾患の診断治療を行っています

【診断】
乳房にしこり、乳頭分泌などの症状を認める人に対しては視触診、マンモグラフィ、超音波検査を施行します。
実際にしこりのある人には細胞の検査、組織の検査を行い悪性(乳がん)でないかどうか診断します。マンモグラフィの石灰化病変に対するステレオガイド下マンモトーム、しこりを触れない病変に対する超音波ガイド下組織検査なども積極的に行っています。
患者さんによってはCT、MRIなども併用して良悪性の正確な診断を心がけております。
【治療】
早期に発見された患者さんに対しては乳房温存療法、センチネルリンパ節生検を積極的に行っています。ただし、乳がんは思ったより広範囲に広がっている場合があるため乳房温存を希望される患者さんに対しては全例3D-CT(立体画像CT)による手術シミュレーションを行い安全に温存が行えるか判定いたします。やむを得ず乳房切除した患者さんに対しても形成外科と連携して乳房再建を勧め美容にも配慮しております。遠慮なくご相談ください。
センチネルリンパ節:がんが最初に転移するリンパ節をセンチネルリンパ節といいます。そこにがんがなければ理論的には脇の下のリンパ節をとる必要はありません。当院では早期の乳がん患者さんに対しては放射制同位元素(アイソトープ)と色素を用いて正確にセンチネルリンパ節を検査し、転移のない場合センチネル以外のリンパ節を温存し体に負担のかからない手術を施行しています。
【ネットワーク医療】
当院では乳腺疾患のしっかりした診療のできる他の医療機関(おおかわクリニック、あかねウィメンズクリニック)と連携してなるべく多くの患者さんが適正な医療が受けられるように取り組んでおります。
乳がん検診(1次検診)は残念ながら保健医療が認められておりませんので市町村の検診かドックを受診されることをお勧めいたします。またしこりを認めない痛み(乳房痛)、乳腺が張る感じなどは乳がんとは関係の無い症状(分かりやすくいうと乳腺の神経痛)ですのでどうぞご安心ください。
それでも心配な場合は、やはり市町村の検診かドックを受診されることをお勧めいたします。
科部長 坂田英子

診察日

午前 坂田 英子
(新患・再来)
      坂田 英子
(新患・再来)
諸 和樹
(再来)
諸 和樹
(再来)
午後 坂田英子
(新患・再来)
  坂田英子
(新患・再来)
リンパ浮腫外来
(第2,4週)
諸 和樹
(新患・再来)
諸 和樹
(再来)
諸 和樹
(再来)
坂田 英子
(再来)

ひだまりサロン(乳がん患者会)

診療スタッフ

医師 役職 卒業年 認定資格
坂田 英子 科部長 平成10年 日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
マンモグラフィ読影認定医
岩谷 昭 科副部長
消化器外科副部長
平成7年 日本外科学会外科専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本大腸肛門病学会専門医
諸 和樹 医師 平成24年 日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺認定医
一般社団法人National Clinical Databaseへの症例登録のお願い