予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

精神科

概要

当院の精神科は常勤医師2名と非常勤医師2名(いずれも精神保健指定医)で診療を行っています。平成19年11月からは、外来の新規患者さんの受け入れは中止させていただいており、入院患者さんのみ診療を行っておりました。
 平成25年11月には精神科病棟を新規開設いたしました。全閉鎖病棟16床と病床数は極めて少なく、常勤医師も2名という限られた人数で運用しており、当院の救命救急センター経由での自殺企図の患者さん、重篤な身体合併症を有する精神科患者さんを中心に入院診療を行っております。

当院の機能

 
救命救急センターを有する総合病院であり、基本目標の一つに「重症・専門・救急を中心に、質の高い医療」を掲げております。重症の患者さんに専門的医療を提供する上では、がんや多発外傷など重篤な身体疾患に合併して起こるうつ病やせん妄などの精神症状への対応、自殺未遂者への危機介入も必要です。繰り返しになりますが、当院の特徴を最大限に生かすために、自殺企図への対応や身体合併症を有する患者さんを中心に運用しております。また、限られた精神科医療資源を有効に活用するため、通常の精神科一般外来診療は行っておりません。

社会の変化

当院精神科が果たしてきた役割の一つには、総合的な病院の中にある「気軽に受診できる精神科」としての役割がありました。昨今、わが国においては、「こころのバリアフリー宣言」に代表されるように、精神障害、精神疾患に対する偏見をなくそうという動きが進んでおり、単科の精神科病院を受診する患者さんの数は急増しております。また、新潟市内において、精神科や心療内科クリニックの開業が相次いでいることもあって、精神科を受診することへの心理的垣根は下がってきています。このような状況から、「気軽に受診できる精神科」としての役割は薄れてきたと考えております。
科部長 大塚道人
大竹裕美

診療スタッフ

医師 役職 卒業年 認定資格
大塚 道人 医長 平成14年 精神保健指定医
大竹 裕美 医長 平成23年