予約センター025-281-6600(平日)
急患外来025-281-5151

小児科

概要

 小児科が担当する診療内容は、救急を含めた小児内科系疾患全般に及びます。喘息をはじめとした呼吸器系疾患およびアレルギー疾患、先天性心疾患や不整脈などの循環器系疾患、てんかんをはじめとした神経系疾患、血尿・蛋白尿などの腎疾患など、診療内容は広範であるため、各医師が1~2の専門領域を持って診療を担当しています。
 初めて病院を受診される方は紹介状が必要になります。当院は地域医療を担う≪かかりつけ医≫を支援する病院(地域医療支援病院)として診療を行っていますので、他の医療機関からの紹介状をお持ちください。
 また初診については科全医師で対応していますが、再診時からは疾患領域ごとの専門医が対応し、高度な医療を提供できる体制をとっています。小児科のみでは対応困難な疾患の場合には、小児外科および院内他科の協力を得て対処しています。
 専門外来診療として、(1)乳児健診(一カ月健診)、(2)腎臓外来、(3)アレルギー外来、(4)内分泌外来、(5)神経外来、(6)未熟児外来、などを主に午後外来として行っています。
 特殊検査としては、(1)各種の循環器検査(心エコーや各種負荷試験など)、(2)各種のアレルギー検査(食物アレルギーなど)、(3)各種の内分泌負荷試験、などを予約時間に行っております。 
 また当院が救命救急センターを持つ三次救急指定病院であることから、小児科においても救急医療として年間を通じ24時間体制で対応します。循環動態にサポートが必要なショック状態、気道確保が必要な呼吸器系疾患、けいれんや意識障害が持続する脳炎や脳症など、各医療施設や救急隊等からの三次救急として搬送されます。また新潟市の救急二次輪番制システムにも参加して、年間100日以上の二次輪番病院の責務を果たしています。
 入院診療は、上記の三次救急患者や多臓器不全・痙攣重積・脳炎・脳症などで呼吸管理を要する重症例は救命救急センターなどで集中治療を行い、一般病棟では肺炎や扁桃炎・インフルエンザや感染性腸炎など急性感染性疾患例や、外来通院中の患者さんの感染症合併時や急変時などの入院治療や、各種検査(心臓カテーテル検査・腎臓検査・内分泌学的検査・アレルギー検査など)・治療目的の入院があります。病棟担当はグループ制で担当し、複数の医師が担当することで高度な医療の提供につとめています。
科部長 塚野真也

診察日

午前 山中 崇之
(新患・再来)
大石 昌典
(新患・再来)
黒澤 大樹
(新患・再来)
山崎 肇
(新患・再来)
臼田 東平
(新患・再来)
渡辺 徹
(新患・再来)
泉田 郁恵
(新患)
永山 善久
(新患・再来)
星名 哲
(新患・再来)
岩谷 雅子
(新患・再来)
阿部 裕樹
(新患・再来)
松村 知彦
(新患・再来)
阿部 時也
(新患・再来)
渡辺 徹
(新患・再来)
上原 由美子
(新患・再来)
佐藤 尚
(新患・再来)
塚野 真也
(新患・再来)
塚野 真也
(新患・再来)
午後 眞柄 慎一
(新患・再来)
眞柄 慎一
(第1,3,5週)
(新患・再来)
阿部 裕樹
(新患・再来)
林 雅子
(再来)
山中 崇之
(再来)
渡辺 徹
(再来)
泉田 侑恵
(第2,4週)
(再来)
山崎 肇
(再来)
佐藤 尚
(再来)
泉田 侑恵
(再来)
交替
(一ヶ月健診)
阿部 裕樹
(再来)
眞柄 慎一
(再来) 
永山 善久
(再来)
上原 由美子
(再来)
上原 由美子
(再来)
阿部 時也
(再来)

診療スタッフ

医師 役職 卒業年 認定資格
塚野 真也 科部長 昭和59年 日本小児科学会専門医
阿部 時也 保険診療支援室長
科副部長
昭和58年 日本小児科学会専門医・指導医
渡辺 徹 科副部長
教育研修室長
昭和60年 日本小児科学会専門医・指導医
上原 由美子 科副部長 昭和62年 日本小児科学会専門医
阿部 裕樹 科副部長
医療情報管理室長
平成7年 日本小児科学会専門医・指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医・指導医
星名 哲 科副部長 平成8年 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児循環器学会専門医
眞柄 慎一 科副部長 平成15年 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
日本てんかん学会専門医
山中 崇之 医長 平成20年 日本小児科学会専門医・指導医
日本小児感染症学会専門医・暫定指導医
黒沢 大樹 医長 平成21年 日本小児科学会専門医
泉田 侑恵 医長 平成22年 日本小児科学会専門医

平成29年 手術実績(血管内治療等)

1.治療総数    36件
2.主な疾患の症例数
  1. 経皮的心房中隔欠損閉鎖術  20例
  2. 経皮的動脈管開存閉鎖術   8例
  3. カテーテル心筋焼灼術    4例
  4. 経皮的肺動脈弁拡張術    2例
  5. 経皮的バルーン血管拡張術  1例
  6. バルーン心房中隔裂開術   1例
3.当科の手術の特徴  平成30年度まで心房中隔欠損、動脈管開存に対するAmplatzerおよびFigulla Fkexを用いた閉鎖術が行われていた。平成31年度以降それらは施行しないが、それ以外のカテーテル治療は引き続き行う。不整脈に対するカテーテル心筋焼灼術は循環器内科不整脈グループの協力の下に施行。